OCN 検索

Powered by Blogzine[ブログ人]

よっちのバードフォトアルバム

  • アオサギ
    自然の中の自由な鳥の姿をみなさんにお届けします

2014/04/19

さよなら ウミアイサ

今季もウミアイサの画像を沢山撮らせてもらいました。ソロソロお別れの時が来たようです。また来年も楽しませてください。14-04-11 三番瀬

Img_2304_2

Img_2096_2

Img_2333_2

Img_2296_2

Img_2160_2

Img_2179_2

Img_2320_2

Img_2195_2

Img_2343_2

Img_2189_2

2014/04/18

逆光の中のミユビシギ

この日は逆光の中を飛ぶミユビシギの群が撮れました、すでにハマシギはお腹が黒くなり、全身茶褐色に変身した個体を事を多く見かけますがもう後半月もするとミユビシギも夏羽に変身した姿を目にするようになるでしょう、意外にミユビシギの夏羽への換羽の時期は遅いようです。14-04-10 三番瀬

Img_1998

Img_1993

Img_1981

Img_1984

Img_1986

Img_1990

2014/04/17

イソシギ

この日は珍しく三番瀬でイソシギと出会いました。何の為なのか、尾羽をひょこひょこと上下させて歩く独特な姿は何とも愛嬌があります。14-04ー10 三番瀬

Img_1827_2

Img_1894

Img_1951

Img_1963

Img_1949

Img_1807

Img_1890

2014/04/16

今日の三番瀬(初夏の風)

どこからともなく聞こえてくる鳥の鳴き声とともに、今年も三番瀬に初夏がやって来ました。その聞きなれた鳴き声の主はといえば、コアジサシでした。今日は気温も朝から20度近くと、まさに初夏を思わせるような陽気になりました。14-04-16 三番瀬

Img_3160

初夏を告げるコアジサシの群れ(30羽位」)

Img_3024_2

婚姻色の綺麗なアオサギ

Img_3084_2

夏羽に衣替えしたユリカモメ

Img_3060_2

綺麗な夏羽のオオソリハシシギ

Img_3112

夏羽のメダイチドリの群れ

Img_3144

夏羽のトウネンとメダイチドリ

Img_3140_2

夏羽のトウネン

Img_3135_2

2羽になったオバシギ

Img_3147_2

このところしばらく居るコチチドリ

2014/04/15

朝焼けの中のミヤコドリ

朝焼けに染まるミヤコドリ、赤い嘴が不気味なほど真っ赤になりました。14-04-10 三番瀬

Img_1285

Img_1336

Img_1524

Img_1455

Img_1574

Img_1368

Img_1361

2014/04/14

夏羽の綺麗なメダイチドリ

シギチの春の渡りの先陣をきって三番瀬にやって来たメダイチドリも先日数えたら50羽以上の数になっていました。14-04-08 三番瀬にて 

Img_1086

Img_1132

Img_1062

Img_1039

Img_1058

Img_1030

Img_1109

2014/04/13

本格化したシギチの渡り(オオソリハシシギ他)

4月も半ば近くとなり、三番瀬のチギチの渡りも本格的になって来ました。昨日と今日の三番瀬の様子をアップします。尚本日は潮干狩りの開催日初日となり人出が多く、シギチの撮影もままならず画像は1枚だけとなりました。画像の他に見られたシギチ:シロチドリ、ミユビシギ、ダイゼン、ユリカモメ、セグロカモメ、カモメ、オオバン、スズガモ、ウミアイサ、カワウ、ダイサギ、アオサギなど 14-04ー12,13 三番瀬

Img_2586_2

オオソリハシシギ 

Img_2638

同上

Img_2553

同上

Img_2485

ハマシギ

Img_2502

ミヤコドリ

Img_2521

オバシギ(左から3羽目)

Img_2548

メダイチドリ

Img_2742

ムナグロ

Img_2794

キョウジョシギ

以上が4月12日の様子です

Img_2846_2

4月13日のオオソリハシシギの群れ

自然観察公園にて(シオヤトンボ他)

今週は良い天気が続ています。朝晩多少冷え込みますが昼間は初夏を思わせるような陽気です。しばらく続いた強風も止みやっと穏やかで落ち着いた天気となりました。残念ながら明日はまた少し下り坂のようです。こんな風に過ごしやすい日々が長く続くと良いのですが!!・・・先日はそろそろシオヤトンボが発生しているだろうと、いつもの自然観察公園を訪ねました。14-04ー10 千葉県

Img_0688

しゅんらん  最近では数が少なくなりました

Img_0781

梨の花 観察園の周りは梨畑です

Img_0726

白いスミレ

Img_0670

シオヤトンボ 春先一番早くに羽化するトンボです

Img_0700

同上

Img_0672

ホソミオツネントンボ 名前の通り昨年からの越冬個体です

Img_0625

蜘蛛の子 「蜘蛛の子を散らすように」とはこの事

Img_0692

ツマキチョウ オス、メス、ランデブー飛行

Img_0777

ムラサキケマンの花で吸蜜するツマキチョウ

Img_0733

食草のギシギシの葉に止まるベニシジミ

Img_0762

??

2014/04/12

愛想のよかったアリスイ

コイカルを待っていると直ぐ近くの木にアリスイが飛んで来て止まりました。コイカルと違いこの子は葉の落ちた木に止まってくれたので多少小枝がかぶったりしますが、ほぼ丸ヌケ状態でした。コイカル待ちをしていたバーダーは、コイカルそっちのけでアリスイの撮影に没頭。その後は遊歩道沿いに植えられたさつきの植え込みに入り込み餌取りを始めました。時々植え込みから出てきた所を近接撮影することができました。コイカルと違い枝どまりから地上での近接撮影まで何とも愛想の良い子でした。14-04-07 千葉県

Img_0872

Img_0857

Img_0837

Img_0823

Img_0765

Img_0790

Img_0811

2014/04/11

葉隠れのコイカル

サシバのポイントからコイカルの出る沼のほとりへ移動、到着すると先着の鳥友から「今まで出ていたんだけれども今はお休み中ですよ」との事。そこは深々と葉の生い茂る常緑樹の中で、コイカル君は安心しきって、のんびりと羽を休めていました。僅かな隙間からかろうじて姿が見え隠れしています。何とか撮影しようと試みますが全身丸見えにはならず、中途半端な絵しか撮れません、それから延々3時間余り粘りましたが、最後に水を飲むため木の下に降りたち、そのまま、待ちわびる人々を残してバイバイとばかりにお山に向かい、一直線に飛び去りました。なんとも後味の悪い撮影でしたが、待ち時間の間に直ぐそばの木にアリスイが飛んで来てくれたのは不幸中の幸いで、待ち時間も無駄でなかったと気を取り直しました。14-04-07 千葉県

Img_0898

Img_0905_2

Img_0921

Img_0639

Img_0890